ショックアブソーバーを交換する

自動車の走行において路面上の段差を超えることや、路面がうねっている状態であっても快適な走行が可能なのはサスペンションが衝撃を吸収しているからと言えます。
サスペンションにはスプリングが取り付けられており、スプリングの役割によって揺れや衝撃を抑制させることができますが、それだけでは走行安定性や乗り心地が悪いままになってしまいます。

 
安定性や乗り心地が悪くなる原因である、スプリングによる伸縮を抑制させる役割を担っている部品がショックアブソーバーになります。
種類としては構造的に複筒式のものと、単筒式のものに分けられます。
複筒式のものは多くの乗用車に使用されているもので、本体が二重構造でできていることによってオイルがおよそ半分ほど入っており、残りの部分はガスや空気が封入されている構造となります。
伸びるときにはピストンバルブによって減衰力を発生させて、縮むときにはベースバルブによって減衰力を発生させる仕組みで作られています。

 
単筒式のものは、シリンダーだけの構造となっており、ガス室とオイル室とに分けられています。
伸びるときも縮むときもピストンバルブによって、減衰力を発生させます。
スポーツカーなどに使用されるサスペンションで、シンプルな構造でできているためにチューニングがしやすいメリットがあります。

 

 

 

 

 

Comments are closed.