マルチリンクの場合

サスペンションとは自動車のボディとタイヤの間に付けられているもので、路面から受ける衝撃を緩和させるための装置です。
サスペンションを付けることで走行性能や乗り心地を高めることが可能で、車高を決める上でも大切な役割を担っています。
マルチリンク式のサスペンションは複数のアームによって成り立っているもので、全てのアームにおいて物理的に離れていることから配置の面で自由度が高いものとなります。

そのために、繊細なセッティングが可能となって、複数のアームによって支持することでアライメント変化に強い特徴を持っており、タイヤを路面に接地する能力を向上させることができます。
高速領域において不安定な状態になりやすい高性能FF車や、FR車のトラクションを確保するためにリアサスペンションとして採用されることが多いものとなります。

このタイプのものは、ダブルウィッシュボーン式のアームを使用することで、ジオメトリー変化を誘発させることができます。
ダブルウィッシュボーン式との定義的な違いがあるわけではないので、ダブルウィッシュボーン式のうちの1つの形態であると考えられます。
組立をするときの位置を決める精度が要求されることや、部品の点数が多いための費用が高くなる特徴を持っています。

Comments are closed.