ダブルウィッシュボーン式の場合

ダブルウィッシュボーン式サスペンションは、主に高級乗用車やレーシングカーなどに採用されています。自動車の独立懸架方式の一種であり、上下一対のアームでタイヤを支えています。鳥の骨の形に似ている事からこの名前が付けられましたが、現在はアームの形に関わらずタイヤを上下二組のアームで支えているサスペンションの総称となっています。

 
サスペンションの剛性を確保する事が比較的簡単で、マクファーソンストラット式と比べコーナリング中にサスペンションのストロークがスムーズである事などが長所であると言えます。またタイヤが上下に動く際に現れるキャンバー角の変化が最小限に抑えられる事により、接地面が維持され摩擦力の変化を少なくできる点も長所と言えます。アームの長さや取り付ける位置などのジオメトリー設定の自由度が高いため、自分に合った様式へと変える事も可能です。

 
短所としては、複雑な構造と多くの部品を要する事から生産コストが高くなる事や、バネ下重量が重くなりやすい事などが挙げられます。その他、アッパーアームによってトランクルームやエンジンルームが狭くなる事や、同じ長さで平行に上下のアームが取り付けられている場合ストロークの際にタイヤが横ずれする事によって摩耗が早くなるという事が挙げられます。

 

 

 

 

 

Comments are closed.